スズキのバイクグラストラッカーは、生産終了となりましたが現在でも人気があり中古車も良く売れています。車体が軽くて取り回しが良いのと、シート、マフラー、タンク、ハンドルなどのパーツを交換して、自分だけのカスタムバイクにできる事がグラストラッカーの人気の原因です。

グラストラッカーの販売先

グラストラッカーとは、バイクに使うパーツの一部か?と思いきやバイクそのものの、
車種を呼ぶそうです。

【2000年誕生】
グラストラッカーの中で、スズキが製造している「スズキ・グラストラッカー」があります。

スズキ・グラストラッカーは、トラッカーブームの煽りを受け2000年に誕生。

シリーズ車種として、「グラストラッカービックボーイ」があります。

スズキ・グラストラッカーの対抗車種として、ホンダやヤマハからも人気の自動二輪車が
出ています。

グラストラッカービックボーイは、グラストラッカーをベースにラージスケールモデルとなって
発売されました。

例として、タイヤの拡大やワイドなハンドル、スイングアームの延長など。

【2008年新型誕生】
グラストラッカーはスズキの人気車種で、小さくて乗りやすいのが魅力です。
バイク初心者だけでなく、女性でもグラストラッカーに乗るのもいいのでは?

大きいバイクが好きな女性もいますので、グラストラッカービックボーイを購入する
女性もいました。

グラストラッカーを選んだ理由は、燃費が良くカスタムパーツも色々発売されている為、
選びやすいからだそうです。

2008年に新型グラストラッカーが生産開始されましたので、
今現在、グラストラッカーは、新型か中古の販売になっています。

中古車でも、配線をいじって変える楽しみがあります。
中古車は、新車ほど高いものはないのであとは維持費のみが必要でしょうか。

生産が終わっていますので、パーツも今はほとんどなくなっているのかもしれないです。
昔からのグラストラッカーファンは、大切に乗っていきたいですね。

コメント: 0件