スズキのバイクグラストラッカーは、生産終了となりましたが現在でも人気があり中古車も良く売れています。車体が軽くて取り回しが良いのと、シート、マフラー、タンク、ハンドルなどのパーツを交換して、自分だけのカスタムバイクにできる事がグラストラッカーの人気の原因です。

グラストラッカーの仕様は

グラストラッカーのカスタムをする際、いろんなパーツがありますがグラストラッカー
純正パーツで固めたいと考える人もいますよね。

【中古パーツ】
新品ではなくても、中古品でもかなりキレイなパーツが揃っていることがあるので
お金がかかるカスタムで、なるだけ安く良いパーツを見つけられるようにしたいですね。

グラストラッカーのエンジン仕様は、4サイクルで空冷、単気筒になっています。

そして、燃料タンクの容量は6リットルだそうです。

グラストラッカーは、グラストラッカービックボーイと同じで燃費はかなり良いバイクに
なっています。

単気筒で、トルクがあるので、250ccでとても運転しやすいと言われています。

他の大きなバイクよりは、多く走れませんが、給油回数が多いとしても、ガソリンにかかる
費用は少なく済みます。

【2008年生産開始】
グラストラッカーの生産は、一度2007年秋で終了しました。
ですが、2008年の秋からまた生産が再開されました。

この生産再開の時、いくつかの仕様変更で発売が再開されました。

燃料タンク容量が6リットルから8リットルへ増量。

燃料噴射装置仕様にも、変更しました。

グラストラッカーは、2001年に、好評だったキック始動を廃止してセル始動に
変更をしています。

そこから、今の形にかなり近い仕様になったようです。

また、グラストラッカービックボーイも2008年の発売再開から、始動方式がセルのみに
変更しました。

そして、フロントフォークブーツを標準装備。
また、色の変更と追加をおこないました。

コメント: 0件