スズキのバイクグラストラッカーは、生産終了となりましたが現在でも人気があり中古車も良く売れています。車体が軽くて取り回しが良いのと、シート、マフラー、タンク、ハンドルなどのパーツを交換して、自分だけのカスタムバイクにできる事がグラストラッカーの人気の原因です。

グラストラッカーの人気グレード

グラスストラッカーは、2007年秋に生産が終了してしまいました。

しかし、2008年秋からまた発売が開始され、カタログも新しく発売されるようです。
発売が開始されてからは、グラストラッカービックボーイも仕様変更され発売。

グラストラッカーは、車体も大体小さく軽いのが人気を集めているようです。

グラストラッカーの新車は、中古に比べやはり値段が高いです。
パーツも何種類も出ているので、新車で購入した場合はカスタムで楽しめると思います。

自分の大好きなバイクを購入したら、ちょっとこだわってパーツなども純正のものを
選びたいという人もいますよね。

製造会社によって、パーツも少し変わったりします。
純正のものを探すのであれば、中古でも多く出回っていますので探してみては?

グラストラッカーは、スクーター派の人にはちょっと難しいかもしれませんがバイクの形には、
人それぞれ好みがありますよね。

グラストラッカーの新車でも、お店によって他の店舗より安く購入できるとこもあるようです。

グラストラッカービックボーイも、グラストラッカーより一回り違くても燃費も良いようで、
デザインも高く評価されているとか。
ただ、250ccの排気量なので、パワーとかスピードは期待できません。
街乗りとして考えると、ほとんど気にならないくらい満足するバイクだそうです。

250ccだと、車検がないので維持費が安いそうです。
なので、そのぶんカスタムなどに回せるので走り回れるのが楽しい。

コメント: 0件