スズキのバイクグラストラッカーは、生産終了となりましたが現在でも人気があり中古車も良く売れています。車体が軽くて取り回しが良いのと、シート、マフラー、タンク、ハンドルなどのパーツを交換して、自分だけのカスタムバイクにできる事がグラストラッカーの人気の原因です。

グラストラッカーに似合うパーツ

グラストラッカーを購入したら、パーツを買ってカスタムを楽しみたい。
バイクを買ったら、カスタムをするのが常識!って人も多いのでは?

グラストラッカーのパーツの種類も色々ありますが、カスタム場所もそれぞれ。
パーツの一つにあるマフラーは、種類もあれば音も変わります。
静かなマフラーを選ぶ人は少なそうですが、爆音を好む人もいるでしょう。

マフラーは、フルエキゾースト・マフラーや、スリップオン・マフラー、
マフラー・サイレンサーなどがあります。

グラストラッカーは、タコメーターがついていないのが普通なようです。

普通のバイクに乗っている場合は、あんまりタコメーターは見ない人が多いみたいですね。
ですが、タコメーターで回転数を確認したい人は、自分でパーツをつけるといいでしょう。

グラストラッカーのテールランプも、形がそれぞれ違って値段もずいぶん違います。
グラストラッカーは、グラストラッカー用とグラストラッカービックボーイのテールランプに
わかれます。

テールランプの形を見てみると、四角いものがあれば、クロスの形のものもあり、
うさぎの形をしたテールランプもあって、ビックリしました。
タイガーテールライトなんてのもあります。

グラストラッカーのパーツで、どれが必要ないかなんてわかりませんがタイヤはやっぱり、
走ることに必要なものですから凝る人は凝りますね。

タイヤは、走るにつれて、どんどん擦れて減っていきます。
車でもそうですが、タイヤが減っていくとブレーキをかけて止まるまでの時間はだいぶ
変わっていきます。

タイヤにも種類はありますが、キチンと変え時も確認して選びましょう。

コメント: 0件