スズキのバイクグラストラッカーは、生産終了となりましたが現在でも人気があり中古車も良く売れています。車体が軽くて取り回しが良いのと、シート、マフラー、タンク、ハンドルなどのパーツを交換して、自分だけのカスタムバイクにできる事がグラストラッカーの人気の原因です。

グラストラッカーの特徴

suzukiのグラストラッカーの特徴として、250ccのため乗りやすく、初心者でも乗りやすい
オートバイとして仕上がっています。

グラストラッカーの特徴のひとつとして、シートが低いことが挙げられます。
シートが低いので両足が地面につくので、車体が軽い点が初心者向けだと言えるところだと思います。
またスズキはその点を重視してグラストラッカーを開発したということもあり、エンジンも
扱いやすく設計されています。

グラスストラッカーはカラーバリエーションが3色と豊富なのも特徴ですね。
グラストラッカーには、アナログの一眼式を採用したメーターや、スリムなデザインの
フューエルタンク、車体をコントロールする際のニーブリップがしやすく、エンジンは
中低速トルクが重視された作りになっています。

また、車重も軽いことから、女性ライダーにも人気のあるオートバイになっています。

グラストラッカービッグボーイの特徴としては、キックペダルが装備されることにより、セル始動と
キック始動が採用されいて、ハンドルの幅も広くなっていて、スイングアームが長く、
タイヤのサイズが大きくなっています。

フラットなリアフェンダーも特徴的ですね。これらがグラストラッカーの特徴であり、そのまま
グラストラッカーとグラストラッカービッグボーイとの違いになります。

ちなみに、グラストラッカーは2001年にキック始動を廃止していて、また
ハンドルバランサ・パッシングスイッチも廃止しています。

コメント: 0件