スズキのバイクグラストラッカーは、生産終了となりましたが現在でも人気があり中古車も良く売れています。車体が軽くて取り回しが良いのと、シート、マフラー、タンク、ハンドルなどのパーツを交換して、自分だけのカスタムバイクにできる事がグラストラッカーの人気の原因です。

グラストラッカーでツーリングに出掛けよう

グラストラッカーと、長く付き合っていくために、メンテナンスはとても重要ですよね。
物はいつか壊れるものなので、乗っていればどこか故障したり調子が悪くなるものです。

たとえばブレーキパッド。
走って、止まるためには必要なもの。
それが、調子悪くなったりすると、キーキーと音が鳴り出します。
バイクのメンテナンスは、安全性も関わることなのでしっかりとメンテナンスしたいですね。

わからないことなどは、本やネットで調べてみて、それでもわからない時は、購入場所で聞いてみましょう。

グラストラッカーは、他のバイクに比べて小さめでスピードも、すごく早いわけではありません。
なので、高速道路に乗るのはためらいますよね。
グラストラッカービックボーイは、グラストラッカーよりも少し大きめですが
高速道路で邪魔になったりしないのかな?と不安になります。

まず、高速で走る場合は、60~70キロで走りましょう。
100キロを超えると、エンジンが壊れそうな振動と音が出てしまうようです。
走行車線の左側を走り、法廷速度以上で遅すぎない程度に走りましょう。

グラストラッカーの評価は、グラストラッカーファンにとってはほぼ満足な高評価と言えるようです。
グラストラッカーの印象を変えるには、タンクを交換してみたりともう少し変えたら満点になると思う人は、
カスタムをしているようです。

グラストラッカーで、ツーリングに出かける場合は給油時間を考えてツーリングしましょう。
グラストラッカーは、街乗り仕様なので、長距離の走りには向いていません。

コメント: 0件