スズキのバイクグラストラッカーは、生産終了となりましたが現在でも人気があり中古車も良く売れています。車体が軽くて取り回しが良いのと、シート、マフラー、タンク、ハンドルなどのパーツを交換して、自分だけのカスタムバイクにできる事がグラストラッカーの人気の原因です。

グラストラッカー中古価格

グラストラッカーは、年式の古いものでも中古車としてなら手に入りますが今現在の仕様と
異なると、整備するのに部品が手に入らなかったりします。

車体本体だと、安くて15万ほどで購入できますが古いものを、状態良いまま乗り続けるのは、
細かいメンテナンスが必要になります。

カスタム用のパーツも、中古のものがまだ出回っているでしょうが出来れば、
新品のもののほうが、長持ちするので、探してみるといいと思います。
新車を購入したときも、納車前にキチンとお店のほうで整備してから納車されます。

また、購入金額の中に整備手数料が含まれている場合と、別になっている場合があるので、
その場合はお店のほうに問い合わせてみましょう。

グラストラッカーを購入したら、できればメーターをつけるのをお勧めします。
グラストラッカーは、タンク容量が少なく、ガソリンがいつ切れるのかわかりません。
メーターは、トリップメーターをつけましょう。
トリップメーターなら、燃料が切れそうになると、音が出てくるので、それで察知できます。

グラストラッカーの新車ですと、メーターはついていない状態なのでその時は、
自分で整備されたほうがいいでしょう。
中古車の場合は、ほとんどがメーターつきになっていると思うので問題ないと思います。

グラストラッカーでの改造は、購入した人はみんなやってみると思います。
バイクのカスタムは、今の流行となっていて、外装から内装を自分仕様にするのです。

また、改造のやり方で、バイクが改造前より長持ちしたりすることもあるので
他の人の口コミや、雑誌などを読んで、知ってみるのもいいかと思います。

コメント: 0件