スズキのバイクグラストラッカーは、生産終了となりましたが現在でも人気があり中古車も良く売れています。車体が軽くて取り回しが良いのと、シート、マフラー、タンク、ハンドルなどのパーツを交換して、自分だけのカスタムバイクにできる事がグラストラッカーの人気の原因です。

グラストラッカー整備の準備

グラストラッカーをカスタムしたり、整備するのに必要になるのが工具ですね。
一言で工具といっても100円ショップで売っている物から1つが数千円~数万円するものまでいろいろあります。
最初はもちろん安くてもいいと思います。
でも注意したいのは、部品に合ったサイズの工具を使うことです。
サイズが合っていないとよく「なめる」と言ってねじの溝がなくなってしまったり、ボルトの角が丸くなって回らなくなってしまうからです。
よく知られているメーカーを紹介します。
◎SNAP ON(スナップオン):アメリカのメーカーですので、MAID IN USA にあこがれる方にお勧めです。でも財布と相談しないと手ごわい相手です。グラストラッカーもスナップオンで、整備されたらさぞうれしい事でしょう。工具の保障期間は永久となっているので自信が表れています。
◎KTC(京都機械工具):日本が誇る工具メーカーで、トヨタ自動車の車載工具に採用された事もあり、信頼できます。ホームセンターで売られていますが、値段も手ごろですので最初に揃える工具としてお勧めです。
◎VESSEL(ベッセル):日本のメーカーです。90年の伝統で人間にとって最も使い易い工具を求めて製品作りをしています。値段は手ごろですが、製品はしっかりしていますので使いや推移です。
さて、グラストラッカーの整備をするのにあなたはどんな工具を選びますか。
少しこだわると、整備やカスタムも楽しくなります。

コメント: 0件