スズキのバイクグラストラッカーは、生産終了となりましたが現在でも人気があり中古車も良く売れています。車体が軽くて取り回しが良いのと、シート、マフラー、タンク、ハンドルなどのパーツを交換して、自分だけのカスタムバイクにできる事がグラストラッカーの人気の原因です。

グラストラッカーにハイオクガソリンはどうなの

グラストラッカーに限らず、国産のバイクいハイオク指定の車種はないと思います。
ハイオクでもレギュラーでも問題なく走ります。
しかし、ハイオクは値段が高いですから、それに見合った効果がなければ、あえてハイオクを入れる意味がありません。

ハイオクガソリンと、レギュラーガソリンとどこが違うのでしょうか。
その違いは「オクタン価」の違いです。この「オクタン価」とは、ガソリンのアンチノック性を表す指標で、数値が大きいほどノッキングがおこりにくいです。
ノッキングとは、ガソリンに着火するタイミングより、早く着火する時に発生する甲高いキンキン音が発生する現象です。

普通はプラグの点火によってガソリンが燃焼するのですが、ガソリンの圧縮によって自己着火してしまうのです。この自己着火を防止するのがハイオクガソリンです。
つまり、燃えにくいガソリンといえます。
ですから、エンジンがハイオク仕様でなければ、性能が発揮できないので意味がありません。
宝の持ち腐れとでも言えましょうか。

コメント: 0件