スズキのバイクグラストラッカーは、生産終了となりましたが現在でも人気があり中古車も良く売れています。車体が軽くて取り回しが良いのと、シート、マフラー、タンク、ハンドルなどのパーツを交換して、自分だけのカスタムバイクにできる事がグラストラッカーの人気の原因です。

グラストラッカーの対抗車種

グラストラッカーに対抗する他社のバイクでヤマハTW200,TW125があります。
TWとは、Trail Way(トレールウェイ)の略で、オフロードつまりは、どんな場所でも走破するアドベンチャーマシンをイメージしています。

1987年4月にTW200として販売を開始した時に、極太のリアタイヤは「バルーンタイヤ」と呼ばれるほど注目され、異色のアドベンチャーオフロードモデルとして登場しました。

その極太の前後タイヤは砂地や雪上でも抜群のトラクションを発揮し、200cc空冷SOHC2バルブ単気筒エンジンには高度補正装置付きキャブレターが組み合わされ、トルクは中低速重視に16psと敢えて設定されています。

冒険家の風間深志が北極点到達チャレンジの際のベースマシンに選んだのは、走る場所を選ばない高い走破性が買われたことによるものです。

発売10年後の1990年代後半に入ると、もともとはオフロードマシンであったTW200が、最大の特徴である極太タイヤが人気を博し、若者による街乗り用のカスタムベースマシンとして突然の大ブレイクを成し遂げました。
「ストリートモデル」という新たなジャンルを作り、街中でカスタムしたTWに乗る人のことを指す「ティーダバー」、またバッテリーレス化などでわざと車体をスカスカに見せるカスタムを指す「スカチューン」なる単語まで生み出しました。


コメント: 0件